ホーム>在宅サービス

ショートステイのへじ

〒039-3239
青森県野辺地町字餅栗川原3-2
 TEL 0175-65-2225
 FAX 0175-65-2228

 ショートステイのへじでは、要介護・要支援状態となった場合においても、その利用者が可能な限り 居宅において、その有する能力に応じ、自立した生活を営むことができるよう、入浴、排泄、 食事、移動等の介護、その他日常生活の世話及び機能訓練を行うことにより、利用者の心身の 機能の維持並びに家族の身体的及び精神的負担の軽減を図ることを目的とします。

ご利用のできる方

1. 65歳以上の第1号被保険者で要介護状態・要支援状態と認定された方。
2. 40歳以上65歳未満の第2号被保険者で要介護状態・要支援状態であって、 その要因が特定疾病によるものと認定された方。

お申込み方法

 まず、居宅介護支援事業所(担当のケアマネージャー)にご相談ください。その際、 ショートステイのへじを希望すれば、居宅介護支援事業所より当事業所に連絡が入りますので、ご利用の調整を 行います。また、当事業所に直接お電話をいただいてもご相談に応じます。

利用料金

@ 基準費用額
  短期入所生活介護
利用者負担額
食費負担額 滞在費負担額 1日負担額
要介護 1 579円  1,490円  1,150円  3,219円 
要介護 2 646円  1,490円  1,150円  3,286円 
要介護 3 714円  1,490円 1,150円  3,354円 
要介護 4 781円  1,490円  1,150円  3,421円 
要介護 5 846円  1,490円  1,150円  3,486円 

※食費内訳: 朝食 443円、昼食 518円、夕食 529円
食費は原則、提供した食事分のみを請求します。

A 所得段階別負担額が適用される場合の料金について
※食費・居住費については、低所得者の方の過重な負担とならないよう所得段階別に設定されています。
所 得 段 階 食費 滞在費
第1段階 市町村民税世帯非課税の老齢福祉年金受給者、生活保護受給者 300円 320円
第2段階
市町村民税世帯非課税かつ年金収入が80万円以下 390円 420円
第3段階
市町村民税世帯非課税かつ第2段階非該当者 650円 820円
B 加算利用料
項 目 加算額
1日(1回)
内容
サービス提供体制強化加算T(イ)  18円 介護職員の総数のうち、介護福祉士の占める割合が60%以上である場合に加算されます。 (別に利用定員・人員基準に適合)
介護職員処遇改善加算T 所定単位数の5.9% 介護職員の処遇改善に要する費用として、短期入所生活介護費と各種加算、減算額を合計した金額の5.9%に相当する額が加算されます。
送迎費
184円 入所及び退所の際、在宅と施設との間の送迎を行う場合、加算されます。
夜勤職員配置加算
 13円 入所者の数が20又はその端数を増すごとに1名以上の数の夜勤を行う介護・看護職員を配置している場合に加算されます。
看護体制加算T
  4円 常勤の看護師を1名以上配置している場合に加算されます。
看護体制加算U
  8円 看護職員の数が、常勤換算法で、利用者の数が25又はその端数を増すごとに1以上である場合に算定されます。看護職員により、又は病院、診療所若しくは訪問看護ステーションの看護職員との連携により、24時間の連絡体制を確保している場合に算定されます。
若年性認知症利用者受入加算
120円 利用者毎、個別に担当者を定め、若年性認知症の利用者を受け入れした場合、1日につき左記の料金が加算されます。
緊急短期入所受入加算
90円

利用者の状態や家族等の事情により、介護支援専門員が、緊急に短期入所生活介護を受けることが必要と認めた者に対し、居宅サービス計画において計画的に行うこととなっていない短期入所生活介護を緊急的に行う場合に算定されます。

短期入所生活介護を行った日から起算して7日(利用者の日常生活上の世話を行う家族の疾病等やむを得ない事情がある場合は、14日)を限度として算定されます。
長期利用者に対する短期入所生活介護
30円 連続して30日を超えて同一の短期入所生活介護事業所に入所している場合、所定単位数から減算されます。

※平成27年8月サービス提供分から、第1号被保険者(65歳以上)のうち、一定以上の所得のある方について利用者負担割合が1割から2割に変更となります。
 (市町村から負担割合証が交付されます。)

 

C その他の費用
テレビ使用料金 50円/日
冷蔵庫使用料金 50円/日
業者洗濯 162円/日
理容サービス 顔そり有・洗髪なし 1,500円
結核検診料 歩行可能な方(間接撮影)  810円
歩行困難な方(直接撮影) 1,620円

◆ 介護予防短期入所生活介護

@ 基準費用額
  介護予防短期入所
生活介護利用者負担額
食費負担額 滞在費負担額 1日負担額
要支援1 433円 1,490円 1,150円 3,073円
要支援2 538円 1,490円 1,150円 3,178円

※食費内訳: 朝食 443円、昼食 518円、夕食 529円
食費は原則、提供した食事分のみを請求します。

A 所得別負担額が適用される場合の料金について
※食費・居住費については、低所得者の方の過重な負担とならないよう所得段階別に設定されています。
所 得 段 階 食費 滞在費
第1段階 市町村民税世帯非課税の老齢福祉年金受給者、生活保護受給者 300円 320円
第2段階
市町村民税世帯非課税かつ年金収入が80万円以下 390円 420円
第3段階
市町村民税世帯非課税かつ第2段階非該当者 650円 820円
B 加算料金について
項 目 加算額
1日(1回)
内容
サービス提供体制強化加算T(イ) 18円  介護職員の総数のうち、介護福祉士の占める割合が60%以上である場合に加算されます。 (別に利用定員・人員基準に適合)
介護職員処遇改善加算T 所定単位数の5.9% 介護職員の処遇改善に要する費用として、短期入所生活介護費と各種加算、減算額を合計した金額の5.9%に相当する額が加算されます。
送迎費
184円  入所及び退所の際、在宅と施設との間の送迎を行う場合、加算されます。
若年性認知症利用者受入加算
120円  利用者毎、個別に担当者を定め、若年性認知症の利用者を受け入れした場合、1日につき左記の料金が加算されます。

※平成27年8月サービス提供分から、第1号被保険者(65歳以上)のうち、一定以上の所得のある方について利用者負担割合が1割から2割に変更となります。
 (市町村から負担割合証が交付されます。)

 

C その他の利用料金について
テレビ使用料金 50円/日
冷蔵庫使用料金 50円/日
業者洗濯 162円/日
理容サービス 顔そり有・洗髪なし 1,500円
結核検診料 歩行可能な方(間接撮影)  810円
歩行困難な方(直接撮影) 1,620円

お支払方法

 毎月15日までに、前月分の請求書を発行いたします。お支払いは請求書到着後、30日以内にお願いいたします。 お支払いの確認がとれ次第、領収書を発行いたします。
 お支払方法は、@「現金払い」、A「銀行振込」、B「郵便局の自動引き落とし」の3通りがあります。銀行振込をご利用される場合には、 振込名義にてお願いいたします。
ご不明な点がございましたら、職員までお問い合わせください。

施 設 概 要

・ 入 所 定 員    20 名 ( 全 室 個 室 )
・ 建 物 面 積    871.8m2
・ 構      造    鉄筋コンクリート造 2階建
・ 居     室    ベット・タンス・洗面所
   ※居室は全部個室で、プライバシーが守られています。
   ※全館床暖房です。
   ※スタッフは24時間体制で勤務しています。
個室 個室
洗面所・トイレ 洗面所・トイレ