ホーム>在宅サービス

介護老人保健施設でのリハビリテーション

 介護老人保健施設では老年期の疾病(例えば脳卒中など)を原因とした諸機能の低下をもつ方々に対して、 様々なリハビリテーション活動を行います。そして、老化などによって生じる生きがいや役割の喪失、 引きこもりなどの心理・社会的問題を解消し家庭や地域で主体的な活動ができるよう指導や援助を行って いきます。ここで介護保健施設でのリハビリテーションの目的とリハビリ訓練の実施方法を説明いたします。
   
 

リハビリテーションの目的

@ 身体機能面への働きかけ

リハビリ専門職員による機能訓練(理学療法や作業療法など)を通して、実際の生活に必要な筋力、 関節の動き、心肺機能などの低下を予すると共に、体力の維持、増進をはかります。

A 日常生活活動への働きかけ

食事、更衣、排泄、入浴など、実際の生活に必要な動作について、その人にあった適切なやり方・ 介護の方法を訓練・指導するとともに、規則正しい生活リズムの獲得をします。

B 心理面への働きかけ

心身の機能低下や、生きる目的の喪失等による生じる不安を和らげ、心理的安定を促すとともに、 生活に対する意欲等の精神活動の活性化をはかります。

C “生きがい”への働きかけ

個々の生活環境や経験をいかした趣味活動や自己表現の機会をもつことにより、生きがいの再獲得をはかり、 自発的な生活が送れるよう促します。

D 社会的側面への働きかけ

グループ活動や行事などへの参加により、対人交流を促し、集団の中で役割意識を再獲得することで生活圏の 拡大をはかります。

▲ページトップへ

リハビリテーションの具体的内容

@ 健康管理、リスク管理

施設には医師、看護婦が常勤しており、リハビリテーションの基礎となる体調や健康状態の管理をはじめ、 症状(合併症を含む)や障害の経過観察、治療や処置を行います。また、健康状態や症状に応じて機能訓練や 生活動作訓練の実施にあたっての指示や助言を行います。

A 個別訓練

個別訓練は家庭や施設で生活するうえで必要な能力を高めるために行われます。機能訓練室で理学療法士、 作業療法士ほかのリハビリ専門職員が実施する機能訓練と、個々の能力に合わせて日常的に行われる生活動作訓練 (介護行為=生活リハビリ)が、それぞれ計画に基づいて提供されます。

B グループ訓練

グループ訓練は他者との関わりを通じて、生活を楽しみながら機能を維持したり、能力を発揮できるように 行われます。維持期とくに高齢者のリハビリテーションにおいては特に有用な活動であり、レクリエーション、 グループワーク(創作活動など)、音楽活動など様々な形で行われます。

C 生活環境の調整、リハビリ指導

麻痺などの後遺症のため、残された機能だけではどうしても行えない動作がある場合には、その動作を可能に するための道具(自助具)や装具を考案したり、作ったりします。また、個々の状態に合った生活援助用具 (ポータブルトイレや、手すり、入浴器具など)の紹介や使用方法の指導、日常の介護方法や住宅の改造、 社会資源(介護保険サービス、公的援助など)についての相談、指導を行います。

▲ページトップへ

リハビリテーションの留意点と目標

@ 歩ける方のリハビリについて

歩けるといってもさまざまなレベルがあります。一歩一歩やっとのことで歩いている方もいれば、歩行器具や 装具を使って自力で歩いている方もいます。残念なことに、歩けるのに寝ていることが多い方、また、 訓練の場面では歩けるのに後は寝てばかりの方もいらっしゃいます。今、持っている歩行能力を出来るだけ 維持して安全な生活を送れるようにしましょう。

目標
体力の維持・・・・一定の歩行距離を保つことで、体力を維持できます。
歩行能力の維持・・歩いていられる時間を長く保つ為には、日々の体調を整えて病気にかからないようにすることが大切です。
効率の良い歩行・・履物、服装、器具の活用など、少しの工夫で歩くのが楽になります。

A 立てるが歩けない人

立つことは出来るが歩けない、あるいは2〜3歩しか歩けずベットから離れられないという人は、移動の方法を整えることによって行動の範囲を拡大していけるようになります。行きたいところに自分で行けるというのは、とても大きな喜びです。また、移動する事自体が運動になるわけですから体力の維持にもつながります。 まずは立って「安全に」動く機会を出来るだけ多くして、他人の手を借りていた部分を少なくしていけるよう努力しましょう。

目標
ベット⇔トイレ、ベット⇔車椅子への乗り移りができることを目指す。
歩行につながる潜在能力を見出す。

B 一人で起きられるが立てない人

一人で起きられるというのは、大変すばらしいことです。しかし、どうしても中心の生活になりますから、 刺激がなければ眠ってしまうという方も珍しくありません。また、ベット上で手の届く範囲は限られていますから、 身の回りのことが自分で出来ない方がほとんどです。ぜひ、立てるようになって、自分で車椅子移動がで きるようがんばってください。仮に立てなくても自分で出来ることを徐々に増やしていきましょう。

目 標
ベット上での身の回り動作の自立・・・小さなことでも自分で出来ることを増やしていきます。
車椅子を使った移動。

C 一人では起きられないが、起こせば座っていられる人

座れるのに、自分で起き上がれないために一日の大半を寝て過ごす方が「寝たきり」といわれる方々の中には たくさんいます。高齢者の場合、一度「起き上がる」という動作が出来なくなると再び出来るようになるまで時間と 努力が必要になります。したがって起こしてもらえば座れても、実際に自分で起きて座るという連続した動作が なかなか出来ません。特に手足のマヒなどがあればなおさらです。体力を向上する為に座っている時間を徐々に 伸ばしていきましょう。

目 標
一日の大半を座って過ごす。・・・・座位の時間を出来るだけ長くしていき、最終的には日中は座って 過ごせるようにします。
座って何かをする。・・・・座ることに余裕がでてきたら、なにか目的のあることをする為に「座る」ように していきます。又、座らせるのではなく、自主的に「座りたい」意欲をつけるための活動を探します。

D 何とか起こせる人

長い間寝たきりだったり、体力が低下していて普段ほとんど『寝ている状態』にあり起きられないように見えても、ほとんどの人は手を貸せば起きることができます。『寝かせきり』にさせないためには、適切でかつ効率的な座位の指導が不可欠です。起きることは、それだけで心身機能の活性化につながります。又、何よりも生活行動への意欲を引き出すための手近かな方法でもあります。”社会参加への第一歩は、座れることです。”座ることが苦痛でなくなり、さらに移動に耐えられるようになればベットから離れた生活へと導く事ができます。

目 標
・車椅子で30〜40分、訴えなく坐れるようになる。
・食事をベット以外の場所で摂る生活へ導く。

▲ページトップへ

リハビリテーションに取り組む皆様へ

これまで述べてきたように、リハビリテーションにおいては医師や各リハビリテーション専門職の総合的な援助が行われます。そして何よりも本人様、御家族様の正しい認識、努力があってこそ障害を克服し、生きがいがもてる生活を送ることができるのです。  逆に、リハビリテーションへの間違った取り組みによって、障害の壁を乗り越えられないどころか、苦悩に満ちた生活に陥ってしまう恐れもあります。生活の中にリハビリテーションを生かすために、次のような生活を送らないよう御注意ください。

【御注意ください!こんな生活。】

事例:(Aさん):訓練室では優等生。でも実生活は?。

残念ながら、「リハビリ」=機能訓練と考え、自分のためには何よりも機能訓練が大事と思い込んでいます。訓練室では自力で起き上がったり、軽く支えれば歩くこともできるのですが日常は起き上がる際にも手を貸してほしいといいます。また、訓練以外の活動には全く参加せず部屋に閉じこもり寝てばかりいます。 ※ 確かに機能訓練はリハビリの基礎ですが、訓練室で数時間のみ運動するだけでは効果が期待できません。(つらいだけの、偏った運動は「リハビリ」と言えません。)また、レク等の楽しい活動は生理機能を活性化します。

事例:(Bさん):頑固一徹。自分の体は自分が一番知っている。

右側の手足が麻痺しているにも関わらず、「ずっと右側に起きてきたから大丈夫。」と言っては介護者に起こしてもらっています。また、病院を退院する前に作った装具も必要ないと使いません。結局、車椅子生活になってしまいました。 ※ 「自分の生活は自分で決める」というタイプです。主体的な生活を送っているという点では問題がありませんが、潜在能力を生かしきっていなかったり、動作の方法などを工夫すれば、もう少し出来るはずなのに「それではだめだ!。」と言って自分を納得させている面があります。

事例:(Cさん):生活の意欲が低く、布団が友達

いつも「迎えがこないかな〜。」と言ったり、病気でもないのに「体が痛い、めまいがする」と元気がありません。いつも布団を被ってベットから離れず、御飯の時間しか見かけることがないくらいです。次第に夜にトイレに行くのも面倒になり「オムツをかけてください。」と訴えます。また、介護者の励ましにも「どうせ死ぬんだから・・・・。」と返答するばかり。 ※ 高齢者は、特に目的の喪失と老化による身体機能の低下から、臥床傾向が強くなります。しかし、意欲が低いからと放っておくと寝たきりや痴呆の原因となってしまいなす。見学だけでも何かに参加することからはじめましょう。

▲ページトップへ

介護されているご家族の方へ

  

何でも自分で出来ることはすばらしいことですが、障害をもったり体力がついてこないとどうしても他人の助けが必要になってきます。また年をとってくると他者との交流が希薄になるために、介助してもらうことをコミュニケーションの手段に活用したり、寂しさを紛らわす手段として関わりを求めるための一手段として用いたりします。  「甘やかすのは良くない。」「この人は依存的だ。」と決め付けるのではなく、また、リハビリを病院や施設にお任せせずに、どうして介助を求めるのかを分析し、対象者の本当の希望を満たしたうえで自分でやる意欲を引き出しましょう。また、無理な希望や過剰な期待を押し付けないよう、“リハビリテーションのスタッフとして”援助にあたってください。